肌にやさしいとは思えない

たとえば、オキシドールを肌のしみ取りに活用するという話を聞いたことがあるのですが、本来のオキシドールの用途は傷を消毒するものであり、健康で傷口も無い肌への用途とするのは大きなストレスになりそうです。

他にも、オキシドールを使用してヘアブリーチを試された方もおられるかと思いますが、これは髪のダメージを深刻化させます。どう考えても、肌にやさしいとは思えません。気がつけばアラサーになっていて、しごともあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てすさまじくビックリしました。目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを思い知らされた気がしたのです。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです。どれ程疲れていようが、家に帰ったら本日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、肌を大切にしよう、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。

元々、基礎化粧品を使用するのは当たり前ですが、同じく使用するならばエイジングケアの化粧品を使ったほうが良いと考え、基礎化粧品を変えたのです。やはり、自分の年齢に合っている化粧品だったようで、使ってみたら肌の色艶やハリなどが全く異なり化粧のノリも凄くよくなり、こんなことならばもっと早くに使用していればよかったと少し後悔しています。

お肌にダメージがあると、そこがシミになる時があるようです。たとえば、よく聞くのに日焼けがあるようです。赤く痛むときは持ちろんの事、赤いだけのときでも隠れダメージが生じているのです。肌の基礎的なケアとは、紫外線が鍵なのかも知れません。毎日2リットルの水分補給は健康に役たちます。持ちろん、お肌にも水分補給は必要です。

水分不足はお肌の血行不良(独特のファッションを好むことが多いようです)を招きます。

老廃物や有害物質がたまることで黄ぐすみの原因になります。

また、肌の奥から乾燥して、くすみばかりかシワも増えることになります。

特に女性は水分不足に注意してください。肌トラブルにきくスキンケア方法のポイントは、洗顔および保湿です。洗顔についての注意事項ですが、とにもかくにも肌をこすらないようにして洗顔するようにしてください。

顔をちゃんと濡らしてから、しっかりと泡たてた洗顔料をのせて、泡できれいにするようにします。洗顔料が残留しないように、しっかりすすぐことも重要です。肌のお手入れをしないと、どうなるかというと、多くの人は肌が衰えていくことを頭に思い浮かべると思いますが、正解はまったく別で意外に肌は綺麗になります。

メイクアップというのは肌への負担が増えるので、それをすべて取り除いてワセリンを塗るだけにするのが1番良いスキンケアだと言えます。最近、同年代が太ってきているので、そうなる前にダイエット(ファスティング)して、おなか周りが随分スッキリしました。そんなに急なダイエットではないし、運動して睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)もとっていたのに、首や顔の肌がくすんで、夕方にはシワが目立つことも(!)。急に痩せてシワが出るほどの体型ではないんです。

そもそも顔は痩せてないし。

いきなりですし、やはり関係があるのかも知れないので、とりあえずダイエットはやめて、スキンケアを優先しようと思います。

実際、乾燥肌の方はたくさんいらっしゃると思いますが、肌のお手入れ方法を変えるだけで見違えるように肌質が向上します。

洗顔用の石鹸をよく泡たてて洗い、ぬるめのお湯を使って洗い流すことで乾燥肌とさよならする事ができるのです。逆に、乾燥肌に良くない洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを利用することです。

だいじな皮脂も落としてしまうので、このお手入れ方法はやめておいた方がいいでしょう。紫外線やターンオーバーの不調が、お肌のくすみを引き起こすという専門家もいます。

乱れがちな肌の調子をよくしてくれる方法に、アロマオイルがあるようです。中でも新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーを促進する効果のあるネロリ、血行の促進に作用するゼラニウムは、くすみに有効です。たとえばマッサージに利用するのもありですし、何滴かをスチームの中にまぜて利用するのも一つの手段です。

shiro bayu