Monthly Archives: 4月 2019

肌の透明感が増す

シミのあるお肌って、いいものではないのですよね。私の場合、肌をケアする上で、たっぷりとプラセンタが入った美容液を使用しているんです。

顔を洗った後、肌に他のものをつける前によく染み込ませてから、他のスキンケア用品を使います。

高濃度プラセンタ美容液でケアするようになって、肌の透明感が増して、しつこいシミも色がずっと薄くなってきました。気づいたらシワができたなんて言っていながら、実はシワには原因があることはご存知なのでは。たとえば真っ先に思いつくのは、乾燥でしょう。

いまはどこでもエアコン完備で快適ですが、その変り肌にダメージを与えているので注意しなければいけません。

それぞれの肌質に合った乾燥対策がありますが、なんにしてもマメに保湿することが大切です。最近では通年、スプレータイプの化粧水が売られているので、そういったものを使ってマメにお肌に水分補給し、湿度が高い夏は汗で気づきませんが、紫外線で肌の表面が乾燥しているので清潔を心がけ、丁寧に肌の内側に効く保湿ケアを行うようにしましょう。小麦色の肌なら、元気で活発なイメージを演出してくれますが、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困ると悩む人も多いです。肌にシミを造りたくないのであれば、極力日焼けをしないようにするしかありません。

これ以上シミを増やさないために重要な事は、しっかりと日焼止めを塗ることです。あと、自宅に着いたらローションなどで炎症を軽く済ませましょう。

いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、シミのない美肌をつくリ出すために大切な役割を果たしてくれます。ただ、食べ方には注意しましょう。紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。お肌の負担を軽くするために、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

つい最近の話ですが、スキンケア中にとあるインスピレーションを得ました。それはこういうものでした。柔らかい質の肌にはしわはできにくくなるのかもしれない、ということなのです。

目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていた所以ですが、炭酸パックを試し初めてしばらく経ち、肌の感じが柔らかくなってきた頃にはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうかか。

一日2リットルの水分を欠かさないことが健康な身体を作るとされています。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物が排出されないため、くすみやシミを引き起こしてしまいます。

それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、くすみも小じわもほうれい線も増加していくのです。水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。肌のシミの原因は年齢的なものもあったり、紫外線によるものが主な原因ですが、色々な病気がきっかけとなる場合もあります。もしも、突然日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、何らかの病気を予兆していたり、あるいは、病気が進行している惧れがありますので、可能な限り早くクリニックへ診察を受けに行ってください。45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。個人差はありますが、だいたいそのくらいになると妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線が本人以外にも目に見えるようになってきます。以前は肌のコンディションが良くないと感じても、寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。

でも、アラフォーは回復しないのです。復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も増えたりして、そろそろ対策をすべきかと思っています。

最近、肌にとても年齢を感じるようになりました。

もともと皮膚が薄いほうなのですが、笑ったときのヨリ皺が多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。スキンケアが足りない所以ではないのです。昔からきちんとしています。

それに乾燥肌なので、目周りは専用ジェルやクリームを使って潤いを長時間キープできる保湿を怠らなかったのですが、アンチエイジングをまじめに考えようかと思っています。

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。

肝臓には多くの血液が流れており、体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、有害な物質を解毒する役割を果たしています。有害な物質を解毒しきれないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、お肌を流れる血液も汚れて、肌のコンディションも悪くなります。肝臓のデトックス力を保つことが、お肌の健康を維持するために必要なことなのです。

保湿が行き届いている肌

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミが目たつようになってきたんです。原因はわかっています。

日光にふくまれる紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。

出産後、歩けるようになった子供と、ほとんど毎日、近くの公園まで出かけ、AM中たっぷりとあそばせました。

身支度は持ちろん、子供が最優先です。

自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。

でも、幾ら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。

後悔先にたたずですから。スキンケア中にふと鏡を見てふと思いついたことがあります。肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているとしわも中々できにくいのではないでしょうか。
ウルタス リンクルクリーム

年々深まる目の周りのじわやほうれい線がどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、少し前から炭酸パックをはじめてみて、肌の感じが柔らかくなってきた頃には細かいしわなどはいつしか気にしなくなってました。何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。困ったことに、お肌にできでしまったシミは、それだけで見た目を老けさせてしまいます。そもそもシミとは何なのかに着目すると、表皮の細胞の内に生成されてしまったメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。肌のターンオーバーを促進することでシミを目たたなくしやすいのですが、家庭やクリニックでピーリングを行い、古くなった角質を除去すると、効果をより実感できる事でしょう。

でも、ピーリングで角質を落としすぎるとかえってお肌にダメージを与えてしまうことになるでしょう。肌のシミ対策に有効な飲み物と言えば、ローズヒップティーです。

ハーブティーの中でも有名ですよね。レモンの何十個分ともいわれるビタミンCを摂れる飲み物で内側からのUV対策となり、肌の再生に必要なコラーゲンを生成してシミやくすみの予防をし、肌に輝きを取り戻してくれるのです。強力な抗酸化作用も持っていて、若い肌を取り戻すのにもいいですね。40歳を過ぎてからのしわ防止について、お悩みを抱えている方が多いと聴きます。乾燥肌で日々過ごすと、しわが多数発生するようです。クレンジングした後はコットンに化粧水を染み込ませ、パッティングする方法が良いとされているのですが、刺激を与えすぎると、逆に、しわが増える原因ともなるのです。適量の化粧水をコットンにとって、力は入れないでパッティングするほうが良いかもしれません。「減量効果が高い」と聞いていたので、以前から興味のあった、ファスティングダイエットをしてみたところ、3キロも減量することができてたのです。

少々つらい思いをするファスティングも「きれいになりたい」と気合で乗り越えられましたが、鏡の前に立って、しげしげと眺めてみたら、なんだか、顏だけでなくあそここちらにしわが増えてるように見えます。ファスティングダイエットとしわの増加が何らかの関係があるのかは不明ですけれど、タイミングとしては何とも言えませんから、今のところはとりあえず、スキンケアをがんばりたいところです。肌のくすみを引き起こすものとして、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)や肌の新陳代謝の乱れが挙げられると言われることもあります。お肌の不調を本来の調子に戻してくれるものに一時期ブームとなったアロマオイルも選択肢の一つです。中でも新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーを促進する効果のあるネロリ、血行の促進に作用するゼラニウムは、肌のくすみ解消にはもってこいです。

持ちろん、マッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ばれたりもします)に使うのもよいですし、スチームを使う時に、数滴まぜて使用するのもありです。いわゆる美肌になることは、多くの人の興味の対象でありますが、その方法は、進化し続けています。最近の話ですと、美肌アイテムが数多く発表されており、中でも特にシミ改善に効果のあるサプリメントが人気を集めています。

スキンケアの手間はそのまま、毎日飲み続けるだけで効果が期待できるというお手軽な方法が人気の決め手のようですね。鼻炎やアトピーなどで肌をこすっていると、表皮が薄くなってピカピカに突っ張っているのがわかるはずです。表皮は水分の蒸発を防いで肌を保護するはたらきがありますが、必要なケアを怠っていると、表皮の下にある真皮に深刻なトラブルとなって現れてくるでしょう。

このような状態では脂質の過剰分泌や乾燥などが起こり、たるみ、よれ、しわ、と着実に進むので、一応のプロセスは踏んでいるものの、本人からしてみると「いきなり老けた」気がするのです。特に三十代と四十代の女性が頭を悩ませるお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」が挙げられます。左右の目の下の少し頬側に好発する、まるでクマのようなシミのことです。女性ホルモン(月経周期によって、分泌量が変化します。

基礎体温を測ることで、その周期を知ることができるでしょう)が何らかの形で肝斑の原因となっているのではないかと疑われていて、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、そういった関係性はないそうです。

肝斑の治療にあたり、現在、第一選択とされているのはトラネキサム酸の内服で、CMをご覧になった方もいるかもしれませんが、大手化粧品メーカー(いかに消費者のことを考えられるかがヒット商品を生み出す秘訣なのかもしれません)や製薬会社から、内用薬として市販されています。

普通のシミ対策と同じ方法では、肝斑には太刀打ちできないでしょう。